INDEEDオリジナルの革作りとデザイン

null
INDEEDのデザイナーとタンナー、こだわりをもつプロ同士のタッグにより、
デザインに合わせたINDEEDオリジナルの革を作り出すためオイルやワックスをさらに塗り込んだり、
染色や型押しなど2次、3次加工が始まります。

「縫製」そして「鞄」へ

null
日本人の職人魂と腕がもっとも際立つ縫製工程。
デザイン画の設計通り裁断、パーツ作り、ミシン、手縫い作業を経て、
原皮から実に2か月以上かかって製品が仕上がります。

巧の技を支える道具

null
たくさんの道具や専用機械などが使用され、鞄になっていきます。
機械の微妙な調節や道具を独自に使いやすくする工夫など、
長年培った経験と知識が詰め込まれています。

お客様のもとへ・・・

null
海外出張の多いお客様や、海外にお住まいのお客様が実店舗にご来店されることが増えています。
そして海外ブランドに負けない日本の誇りJAPAN MADEの鞄を持って行きたいという声をいただきます。
持つ方に自信を添えられるような「いい働きをする」鞄。
そんなモノづくりをINDEEDはこれからも続けてゆきます。