INDEEDについて

Whats INDEED

まだ色落ちせず、傷つきにくい革が主流だった四半世紀前の1987年、INDEEDは、革らしい革を用いてメンズ&ユニセックスのバッグを企画・販売を始めました。それから二十数年たった現在でも、「感性に結ばれた小衆の人々に共感されるものを生み出していきたい」という創業当時の思いのまま、バッグをつくり続けています。

バッグの顔を決めるの最も大切な要素である素材へのこだわりは強く、現在では一部のインポートの革を除き、ほとんどの革はタンナーとの共同開発によるオリジナル素材を使用しています。また、機能はもちろんのこと、軽さやフィット感などといった快適性や耐久性もハイクオリティーの一部と考え、素材、デザイン、縫製の隅々にいたるまで目の行き届いた丁寧なものづくりを目指し、全ての製品を日本国内にて生産しています。

leather-img
leather-img-1

革素材探訪

バッグの顔を決める最も大切な要素である素材との出会いこそがデザイナーにとっては閃光のひらめきともいえる瞬間なのです。しかし常に好みの素材に出会えるというものではなく、気に入った素材でもバッグに向くとは限りません。そこで色はもちろんのこと風合い、厚み、価格などを想定して製作していただいたのが始まりで、現在では国内生産のすべての革がタンナーとの協同開発によるオリジナル素材を使用しています。

私たちはよく「革は生き物だから」という言葉を口にしますが、革は個体種、生育地、なめし方法、仕上げ方法などの違いで数え切れないほどの種類の革が出来上がります。そのうえ温度、水、作り手が変わっただけで同じクオリティーに仕上がらないことが多々あります。また、素材の持ち味を生かすように手を加えるとがらりと表情を変えたり、ぐっと魅力が増すことがあり、まるで魔性を持った生き物のようです。そんな素材だからこそ魅了されて病まないのかもしれません。

leather-img-1

クオリティーの追及

INDEEDは使い勝手の良さもハイクオリティーと考えています。物を運ぶツールという機能にプラスし、軽さやフィット感などといった快適性、耐久性など使い手の立場に立ったデザイン、ものづくりを心がけています。また、素材、デザイン、縫製の隅々にいたるまで目の行き届いた丁寧なものづくりによりクオリティーが保たれるという考えのもと、INDEEDは製品のほとんどは国内にて生産しております。

国内生産へのこだわりは、地産地消という考えに賛同しているということもありますが、ひとつのバッグが出来上がるまでの過程において、私たちはもちろんのこと、携わっている全ての方々の「良いものを作りたいという思い」の連鎖が商品に結実し、クオリティーの高さに繋がると確信しているからです。

leather-img-2

INDEEDで使用する革について

INDEED製品は日本のタンナーと共に作るオリジナル革素材や、イタリアのテンペスティ社より輸入する革など、厳選した素材を用いて鞄は日本で製作しております。使用しているほとんどの革はタンニン鞣し革です。これは皮もタンニン(渋)も自然界にあるもので人と地球にやさしい素材であるということと、なにより私たちが考える「革らしい革」を作りやすいという理由からです。また、革の染色はよりナチュラル感 が表現しやすい染料を用い、仕上げには 極力人工的なコーティングを施さないようにしています。このようにして出来上がった革はどちらかというとデリケートで、水などによりシミが出来たり傷つきやすいなどといったデメリットはありますが、使用するほどに革らしい風合いを増し、時が経っても「革」という存在感を感じさせる素材だと考えています。また、適度なメンテナンスをしていただくことにより長くご使用いただけます。

革についての基礎知識はこちら

原料皮の種類や、なめし法、染色&加工について

革についての基礎知識へ

原料皮の種類や、なめし法、染色&加工について

原皮から革になるまで

原皮から革になるためには、
たくさんの人の手と工程を経てゆきます。

原皮から革になるまで

INDEED商品の多くはフルタンニン鞣しの革を使用しています。その工程から製品になるまでをご紹介します。

INDEEDの鞄ができるまで

日本のモノづくりにこだわり続けた
INDEEDの鞄ができるまで

INDEEDの鞄ができるまで

日本のモノづくりにこだわり続けたINDEEDの鞄ができるまで

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-37-2 1F
Tel: 03-5465-6538 Fax: 03-3467-4066
http://www.yes-indeed.com/

新たな取り組み

国内の皮革産業界の活性化を図り、同業・異業種・『革好き』の方々との交流ができる場として“バッグヤード BagYard”という団体を平成26年4月に発足しました。ネット交流サイトにおいて情報を発信し、革製品が出来上がるまでに携わるあらゆる業種の人々が自由に集い、情報交換し、勉強会を通して知識を深めながら、次の世代にメイドインジャパンの技術と誇りを伝承していくことを目指しています。

「NPO輪プロダクツ東京」は東日本大震災の復興支援事業として被災された方々にものづくりを通して、利益の還元だけでなく、社会との接点や生きがいを少しでも感じていただければとの思いから発足しました。現地での製品の企画・生産から販売までの独立運営を目指し、地場産業として地域に貢献し、雇用を増やすことで、福島の活性化を図ることを目指しています。

rogo_bagyard

BagYardは皮革産業界の活性化を図り、同業、異業種、革好きの方々が垣根を越えて交流することを目的とした皮革団体です。勉強会を通して知識を深めながら、次の世代にメイドインジャパンの技術と誇りを伝承していくことを目指しています。

rin-img-2

Rinn Products製品は主に福島で被災された方々により製作されています。輪プロダクツはものづくりを通して、利益の還元だけでなく、社会との接点や生きがいを少しでも感じていただければとの思いから、東日本大震災後に活動を開始しました。