ボルサL字ファスナーGreen

L字ファスナーの長財布。小銭が落ちないのは本当か

Q.小銭が中で散らばらないのですか?

A.はい、散らばりません

こんにちは、web担当スタッフのikeです。みなさんはお財布をどれくらいの期間で買いかえますか?

女性はお財布を買い換えるサイクルが短いですが、男性はとことん使うという方も珍しくありません。尻ポケしたお財布が体の形になっていることもしばしば(笑)

買いかえのとき、今まで二つ折り財布を愛用していた方が長財布にするというのは、男女ともにけっこうな生活の変化だとおもいます。思い切って少し生活に変化を起こすことは大切です。そしてこのL字ファスナーの長財布は一度使うと戻れません。どうゆうことなのか少し探って見ましょう。

 

財布内の構造はシンプル
すべてのお金やカードが一目で確認

L字にカーブしてファスナーを開けると、扇マチが広がって中がパカッと開き見晴らしバツグン。真ん中にはこのお財布最大の特徴であるオープンのポケット。教えられなければ絶対入れないこのポケットに小銭をいれます。数枚小銭を用意してファスナーを閉めて逆さまにシャカシャカシャカ。

ファスナーを開けてもまわりに小銭が飛び散らかっていることはありません。

不思議ですよね~

 

 

ボルサL字長財布

表外側にも片笹マチのあるファスナーポケット

内側のポケットには領収書やカードを入れたいということであれば、小銭は外ポケットへ。わたくしikeが実際自分で使っていますが、外ポケットへ小銭を入れるとコインのシルエットが魚拓のように浮き上がるのです。つまり表にひびくということです。革がしっかりしているので仕方ありません。

それをよしとするかどうかは使う方次第!!

L字ファスナー長財布

L字ファスナー財布、高リピーター率(ラスティカしらべ)

お財布はストレスなくお金の出し入れができるのも大切な仕事。レジ前で出来る限りスマートにがいいです。
お札入れ部分もセンターのポケットを挟んで2カ所になり、センターに小銭という使い勝手の良さが満点。

クリーヴL字ファスナー財布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にメンズでは、ラウンドファスナーに押され気味ですが、使い勝手といえばダントツです。

それではまた

 

INDEED直営店 ラスティカ

ラスティカ店舗

ヴィヴァーチェビジネスバッグ

2017年10月末まで!本革のカードケースプレゼント企画

会員登録してくださった方へもれなくプレゼントいたします

INDEEDのオフィシャルオンラインストアがオープンしました。
オープン記念として、10月末までに会員登録をしてくださった方々に
本革で職人が丁寧に一つ一つ作り上げたカードケースをプレゼントいたします。

会員登録はこちらからどうぞ

ほんとうのほんとうにこれはもらって損のない製品です

上質な牛革でINDEEDのロゴも入っています。
まだINDEED製品を手にされたことが無い方には、ぜひこの革の感触と縫製を体験していただき
縫製も含めINDEEDを知っていただきたいです!

オンラインストアはビジネスバッグやカジュアル、革小物、かなりお得なアウトレット商品など
実店舗並みのラインナップで全国送料無料でお届けしております。

 

Amazonのアカウントでお支払いもできます!

まずはチェックしてみてください!
アウトレット商品は特に一期一会。入れ替わりが早いので気になった時には!!

INDEED公式オンラインストア

ご来店お待ちしております。

 

それではまた

お得にゲット!INDEED『訳あり』アウトレット製品

訳けありの理由もちゃんとご説明しております

INDEEDの直営店ラスティカでは、訳あり(傷があるもの)やサンプル、廃盤になり値下げをしている製品を店頭にて常時取り扱っております。
訳あり品は入荷があった時点で店頭にならびますので、同じ製品がいつもあるわけではありません。
偶然、欲しい物に出会えたら・・・という感覚で是非ご来店ください!
また、この度無事オープンになりましたINDEED公式オンラインストアや楽天ショップでもアウトレットコーナーで随時掲載しております。

是非、こちらも時々チェックしていただくとお買い得品に出会えるかも?!

INDEED公式オンラインストア アウトレット

 

楽天ショップ アウトレット

※各店舗、在庫を共有しておりますので同タイミング売れた際は在庫がご用意できない場合がございます。その際はご連絡致します。
予めご了承くださいませ。

サメ革の袱紗

初めての袱紗(ふくさ) どう使うの?

意外と知らない袱紗(ふくさ)のこと

慶弔時にはご祝儀やお香典などを持っていくと思いますが、その袋を包むものを袱紗といいます。みなさん、いつから使い始めたのでしょうか。社会人になり慶弔事が多くなってきて上司や親から言われて包むようになったという場合や、友人たちが使っていたからというケースもあるかもしれません。

貴重品の箱の上にかけられていた布?

もともとは貴重品の入った箱に埃がかかるのを避けるためにかけられていた風呂敷状のものが、のちに贈答品を運ぶのに汚れや水引が崩れないようかけられるものに。それが現代ではご祝儀や不祝儀などを包むものとして使用されています。そしてこれは相手方へ礼節を重んじていますという心遣いの表れとして使われています。くれぐれも金封をそのままバッグから出すということのないようにしたいですね。

渡し方にもマナーがあるのか

袱紗から金封を取り出し文字が読めるほうを相手方へ向け、袱紗の上もしくは袱紗をテーブルなどに置いてから両手で差しだします。何気ないこのやり取りの中に、日本ならではの細かい心遣いとやさしさがあり素敵に思います。

気仙沼で水揚げされたサメ革で作る袱紗
サメ革とナイロンの袱紗

強靭な素材で身を守る縁起のよい素材として珍重されてきたサメ革。気仙沼のヨシキリザメを使ったシリーズ【シャーク】で袱紗を作りました。包むタイプよりも簡易的な封筒型です。家族で一つあれば重宝します。もし持って出るのを忘れてしまった場合はシンプルなハンカチなどでも代用できるようです!

https://item.rakuten.co.jp/rustica/416110/

ブライドルレザーの長財布

秋になると恋しくなる革モノ~革のある暮らし~

涼しくなると触りたくなる

湿度が無くなり、晴れの日は本当に気持ちのいい風が吹いて散歩が楽しい季節です。明日には台風接近という予報ながら今日はいいお天気だったので仕事で市ヶ谷というところまで行ったついでに、靖国神社へ寄ってみました。大きな木々が生い茂り、そよそよ風がさわやか~。 ここは木だけじゃなく建物も鳥居もどれもサイズがビッグなのでとっても気持ちいいです!

小物から衣替え

さわやかな季節もつかの間、徐々に風の冷たさを感じる日もやってくるでしょう。秋口に革のお財布がよく売れるのも、少しぬくもりが恋しくなり始めたころが多い気がします。

自分プロデュース

発売と共にブレイク中のオリジナルブライドルレザー『クリーヴ』。中でも一番人気のL字ファスナーの長財布は、L字にファスナーを開けるとセンターに口留めのないポケットが一つ。ここを小銭入れにすればファスナー開けるだけでお札と小銭が一度に見えるという楽楽システム!
ほとんどのお財布は小銭部分はファスナーを開け閉めしないといけないのに、これはその必要がないのです!
どうしてなのかと聞かれますとちょっと困ってしまいますが、うまい具合に設計されているとしか・・・メインのファスナーを閉めて逆さまにしてフリフリとしてもお財布の中で小銭が散らかることはないのです。服のように目立って変わるのではないけれど、見えないところにこだわりと変化を持っている人は、必ず雰囲気にでます。そこがかっこいいんです!この秋小さな変化はじめませんか。