革お手入れ

革カバンのメンテナンスのおはなし【Vol.1 革の劣化について】

急な雨に鞄が濡れてしまったら

革カバンを使うにあたって、多くのお客様がいちばん気にされている
ことは、水に濡れてしまった時のこと。

近年はゲリラ豪雨のように突然激しい雨が降ったりすることが増えました。
また、外出先でふいに水をこぼして濡らしてしまったり・・・ということもありますね。

革に水は禁物。というのはよく聞かれることだと思いますが
水に濡れることはもちろん・・・ですが、何よりそのまま放置してしまうことが
いちばん革によくありません。

革の種類によっても、濡れた時の反応は全然違います。
すぐにシミや水ぶくれになってしまうものもあればそうでないものもあります。
もともとの革の加工の仕方や状態よってもさまざまですが
どの革でも濡れてしまったら焦らずにしっかりメンテナンスをしてあげることが
大切です。

人の肌と同じ。ケアで革は長くいきいき

人間のお肌で考えると、お風呂上りに化粧水やクリームなどをしてあげないと
乾燥してカサカサになりますよね。(全然大丈夫!という方もいるかもしれませんが・・・)
それと同じで、革も濡れた状態で放置すると乾燥してしまいます。
そしてそれが重なるとどんどん劣化が進んでいきます。
表面にひびが入ってしまったりして、もう手遅れ・・なんてことにも。

乾燥のしすぎは革にとって命とり

乾燥しすぎると、革の強度も弱まりますので破損の原因にもなります。
また、修理もできないということに繋がっていきます。
負の連鎖です。
革カバンの修理は、既存のステッチを解いてから同じ縫い目をもう一度使用して縫い直します。
これがとてもデリケートな作業ですので、この時に革が乾燥してカサカサだと縫い目がボロボロとなってしまい
縫い直すことができないのです。

 

さぁこんなことになる前に!!
革カバンはメンテナンスすれば、劣化が防げて長持ちします。そして、いい顔になります。

次回は【Vol.2 鞄屋が推奨する防水スプレーのハウツー】
書いてみようとおもいます。→続く

 

 

 

 

 

 

 

ラスティカ実店舗情報

店頭でもメンテナンスについてご説明しておりますので、スタッフへお気軽にご相談ください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

お手入れ方法実験中!

現在、INDEED製品に対しての推奨メンテナンス方法を研究し、皆様に周知するというプロジェクトが進行中です。 情報を集めている段階で、ユニタス社のレザープロテクションクリームというものに出会いました。これが”話出来すぎ!”というほど優れているのですね

レインカバー

なるべく雨に当たらないに越したことありませんが、日々の生活ではそうはいきません。 まずは、雨模様だと思われる日のお出かけ前に市販の防水スプレーをご使用ください。どのメーカーさんの物もそれなりには効果があると思われますが、吹き付け方には注意が必要です。