革カバンのメンテナンスのおはなし【Vol.1 革の劣化について】

急な雨に鞄が濡れてしまったら

革カバンを使うにあたって、多くのお客様がいちばん気にされている
ことは、水に濡れてしまった時のこと。

近年はゲリラ豪雨のように突然激しい雨が降ったりすることが増えました。
また、外出先でふいに水をこぼして濡らしてしまったり・・・ということもありますね。

革に水は禁物。というのはよく聞かれることだと思いますが
水に濡れることはもちろん・・・ですが、何よりそのまま放置してしまうことが
いちばん革によくありません。

革の種類によっても、濡れた時の反応は全然違います。
すぐにシミや水ぶくれになってしまうものもあればそうでないものもあります。
もともとの革の加工の仕方や状態よってもさまざまですが
どの革でも濡れてしまったら焦らずにしっかりメンテナンスをしてあげることが
大切です。

人の肌と同じ。ケアで革は長くいきいき

人間のお肌で考えると、お風呂上りに化粧水やクリームなどをしてあげないと
乾燥してカサカサになりますよね。(全然大丈夫!という方もいるかもしれませんが・・・)
それと同じで、革も濡れた状態で放置すると乾燥してしまいます。
そしてそれが重なるとどんどん劣化が進んでいきます。
表面にひびが入ってしまったりして、もう手遅れ・・なんてことにも。

乾燥のしすぎは革にとって命とり

乾燥しすぎると、革の強度も弱まりますので破損の原因にもなります。
また、修理もできないということに繋がっていきます。
負の連鎖です。
革カバンの修理は、既存のステッチを解いてから同じ縫い目をもう一度使用して縫い直します。
これがとてもデリケートな作業ですので、この時に革が乾燥してカサカサだと縫い目がボロボロとなってしまい
縫い直すことができないのです。

 

さぁこんなことになる前に!!
革カバンはメンテナンスすれば、劣化が防げて長持ちします。そして、いい顔になります。

次回は【Vol.2 革に防水スプレーをしてみよう】について
書いてみようとおもいます。→続く

 

 

 

 

 

 

 

ラスティカ実店舗情報

店頭でもメンテナンスについてご説明しておりますので、スタッフへお気軽にご相談ください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ボディバッグがあれば!

こんにちは

昼間は、春を通り越して夏のような気候の今日この頃ですが、

みなさま体調を崩されていませんか?

私は、例年この季節はいつも体調を崩しがちです・・・

芽吹きの季節のみなぎるパワーにあてられるのか、単純に寒暖の差に順応できないのか。

今年もまた、風邪を引いてしまいました(+_+)

もうすぐゴールデンウイークなので、早めに回復したい所です!

 

さてさて、最近サイクリングを楽しむ方が増えていますよね。

シティタイプからスポーツタイプの自転車まで、よく見かけます。

私も久しぶりに家族と兼用の古い自転車に乗ってお出かけしたのですが、

そこではたと困ったのは鞄でした。

ポシェットを斜め掛けして出発したものの、こぐ時になんだかブラブラしてとても気になりました。

 

こんな時あれがあれば・・!

そう、これ、ボディバッグです!!

 

自転車に乗るときはもちろん、両手に荷物がある時にも。

身体にぴったり密着するので便利ですよね(^^♪

こちらはナイロン素材なので、汗をかいても安心です。

女性、男性共にお使いいただけるので、一家に一個あると便利ですよね。

 

男性が持つとこんな感じです。

 

そして、見た目よりもたくさん入るのです。

旅行のサブバッグとしても最適ですね。

何かとお出かけが増えるこれからの季節。

荷物は極力少ない方が、楽しめますよね♬

ナイロン素材の身軽なボディバッグは、重宝する事間違いなしです。

 

ぜひ、店頭にてご覧ください!

お待ちしております。

ちょうどよいきちんと感の鞄なら、こちらです!

こんにちは

今日の東京はなにやら肌寒いような・・

先日テレビでやっていましたが、東京の桜が満開になるのは4/1頃だそう🌸🌸🌸

 

新しい季節が始まり、ステージが変わるのは学生さんだけではないですよね。

今ご覧いただいているお母さま方の中にも、初めての保護者会にドキドキされてる方、

もしかしたらいらっしゃるのでは?

 

すこしだけかしこまった集まりに、どの鞄で行かれますか?

ファイルが入るぐらいのほど良いサイズで、目立ちすぎず、カジュアルすぎず、

品もあって…

そんなご要望を叶えるお鞄、ございますよ!

 

「ジェンティ」シリーズ

お色は、赤・ダークブラウン・ネイビー・黒 の4色展開です。

下のお写真は、黒 です。

 

実はワタクシも、ネイビー購入を心に決めております(^^♪

決め手は、サイズ感と無駄のないミニマムかつシンプルなルックス。

セレモニーから保護者会、習い事まで対応できる、ちょうどよいきちんと感!

 

初めての場所でも、晴れの場でも、いつでもそっと寄り添ってくれるような安心感があります。

こんな鞄が一つあるとかなり助かるのでは、と思います。

 

男性の方のビジネスシーンにもおススメですよ。

ぜひ、店頭にてご覧くださいませ。

 

 

春♬運びたいものは何ですか?

探し物は何ですか~♬(古い!)

みたいなタイトルですが・・

みなさま、鞄の中身はなんですか?

と言っても、雑誌でよくある【オシャレさんの荷物拝見】的な

意味合いではなく、運びたいものという意味です。

 

日本における鞄の歴史は、日清・日露戦争までさかのぼります。

元々は、兵隊さんが荷物を入れるための袋として普及していきました。

みなさまお馴染みのトートバッグの語源も、運ぶ・背負うという意味で、

元々は牛乳配達・水や氷の運搬用としてアメリカで誕生しました。

 

現代における鞄の役割は、運ぶというよりも、ステータスやアクセサリー性が

重要視されつつある気がします。

Instagramの普及により、若い世代にはフォトジェニックな視覚的かっこよさ

が最優先事項になろうとしています。

 

それも時流なのですが、だからこそあえてお伝えしたいのは、

鞄は本来何かを【入れて運ぶ】ためのものであるということ。

そしてその何かは、時代や暮らしによって変わってくるということ。

 

流行中の、財布と携帯しか入らない小さな鞄は、まさに現代の象徴のような気がします。

 

INDEEDの鞄の魅力は、温故知新。

普遍的デザインを守りつつ、その時流のニーズをくみ取り、

細部のマイナーチェンジを繰り返しております。

 

みなさまの運びたいもの、入れたいものに最適な鞄を多数

取り揃えております。

 

 

 

もうすぐお店近くの代々木公園の桜も満開になります。

楽しい散策のコースに、ラスティカへのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

保存

お手入れ方法実験中!

現在、INDEED製品に対しての推奨メンテナンス方法を研究し、皆様に周知するというプロジェクトが進行中です。 情報を集めている段階で、ユニタス社のレザープロテクションクリームというものに出会いました。これが”話出来すぎ!”というほど優れているのですね

レインカバー

なるべく雨に当たらないに越したことありませんが、日々の生活ではそうはいきません。 まずは、雨模様だと思われる日のお出かけ前に市販の防水スプレーをご使用ください。どのメーカーさんの物もそれなりには効果があると思われますが、吹き付け方には注意が必要です。