サメ革の袱紗

初めての袱紗(ふくさ) どう使うの?

意外と知らない袱紗(ふくさ)のこと

慶弔時にはご祝儀やお香典などを持っていくと思いますが、その袋を包むものを袱紗といいます。みなさん、いつから使い始めたのでしょうか。社会人になり慶弔事が多くなってきて上司や親から言われて包むようになったという場合や、友人たちが使っていたからというケースもあるかもしれません。

貴重品の箱の上にかけられていた布?

もともとは貴重品の入った箱に埃がかかるのを避けるためにかけられていた風呂敷状のものが、のちに贈答品を運ぶのに汚れや水引が崩れないようかけられるものに。それが現代ではご祝儀や不祝儀などを包むものとして使用されています。そしてこれは相手方へ礼節を重んじていますという心遣いの表れとして使われています。くれぐれも金封をそのままバッグから出すということのないようにしたいですね。

渡し方にもマナーがあるのか

袱紗から金封を取り出し文字が読めるほうを相手方へ向け、袱紗の上もしくは袱紗をテーブルなどに置いてから両手で差しだします。何気ないこのやり取りの中に、日本ならではの細かい心遣いとやさしさがあり素敵に思います。

気仙沼で水揚げされたサメ革で作る袱紗
サメ革とナイロンの袱紗

強靭な素材で身を守る縁起のよい素材として珍重されてきたサメ革。気仙沼のヨシキリザメを使ったシリーズ【シャーク】で袱紗を作りました。包むタイプよりも簡易的な封筒型です。家族で一つあれば重宝します。もし持って出るのを忘れてしまった場合はシンプルなハンカチなどでも代用できるようです!

https://item.rakuten.co.jp/rustica/416110/